企業・団体の方へ

Sustainability
子育て世代の働き続けやすい
環境づくりを


第一子出産後に
退職する女性の割合は
46.9%(2010〜2014年)
およそ半数の女性が、

職場から離れる道を
選んでいます。

退職理由として最も多いのは
「子育てをしながら仕事を続けるのは
大変だったから(52.3%)」。


さらに、出産退職に伴う
経済全体の付加価値損失は
1兆1,741億円と言われています。


出産・育児のための制度や支援は
まだまだ整っているとは言えません。


都会育児研究所は、
SDGsの推進や子育て世代の働きやすい
環境づくりを通じて、
優秀な人材の勤続やスタッフの働きがいに
貢献します。

内閣府男女共同参画局の調査より

第一子出産後に退職する女性の割合は46.9%(2010〜2014年)
およそ半数の女性が、職場から離れる道を選んでいます。

退職理由として最も多いのは
「子育てをしながら仕事を続けるのは大変だったから(52.3%)」。


さらに、出産退職に伴う経済全体の付加価値損失は1兆1,741億円と言われています。


出産・育児のための制度や支援はまだまだ整っているとは言えません。


都会育児研究所は、SDGsの推進や子育て世代の働きやすい環境づくりを通じて、優秀な人材の勤続やスタッフの働きがいに貢献します。

内閣府男女共同参画局の調査より

働く女性たち
花屋で働く女性
カフェで働く女性
笑顔で会議中の女性
働く研究員の女性

Solving
出張授業・企業内教育を通して
こんな課題を解決します


地球のアイコン

SDGs導入・強化

デスクワークをする人のアイコン

子育て世代の
働きやすい環境づくり

天秤のアイコン

社内の
ジェンダー平等

読書する子どものアイコン

子どもたちの
自己肯定感を高める

地球のアイコン

SDGs導入・強化

デスクワークをする人のアイコン

子育て世代の
働きやすい

環境づくり

読書する子どものアイコン

子どもたちの
自己肯定感を

高める

天秤のアイコン

社内の
ジェンダー平等

Message
代表・手塚のメッセージ


代表手塚麻里

こんにちは、都会育児研究所代表・手塚麻里です。
医療や教育の場を通じて子どもたちと関わり、3人の子どもを持つ母としても、日々我が子と向き合っています。

女性が活躍しやすい社会になりつつはありますが、環境が整っているかと言えば、そうでない部分も多くあると思います。
また女性だけではなく、多様化する社会の中で、会社も団体も、そして家族も。常に柔軟に変化していくことも求められます。

女性の離職率を下げたい、ESG経営を意識したい、SDGsを取り入れたい、今のお悩みを一緒に考えアップデートをする手助けをしていくことが、私たち都会育児研究所の使命でもあります。

また、学校での授業を変えることは難しかったり、準備に時間がなかったりすることもあるかと思います。将来を担う子どもたちが、自己肯定感を高めながら前を向き歩めるように。「ママと子どもの今と未来に笑顔を」が私たちの取り組みです。